オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性 ビットカジノ 信頼性

▼登録は15秒で完了!本人確認一切なし▼

 

やっぱり違法なの?

 

ビットカジノ(bitcasino)などオンラインカジノの違法性ってどうなのでしょうか?

あるひプレイしていたら逮捕された!なんてなったらとんでもないことですよね。

 

ただ現状は結論から言いますとグレーで、逮捕の可能性は限りなく低いと言えます。

 

bitcasinoなどオンラインカジノの違法性

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

 

現在の賭博法からすると、日本でプレイできるbitcasinoをはじめとした多くのオンラインカジノは違法とは言えません。

もちろん合法とも言えないのでグレーではありますが、違法でない理由は日本の賭博法には「必要的共犯」が必須だからです。

この必要的共犯とは平たく言えば「胴元と賭博した人がセット」であるという意味です。

 

日本国内でオンラインカジノをプレイしても、プレイヤーは国内にいても胴元はいませんよね?

だってオンラインカジノはすべて海外の会社が運営しているのですから。

賭博法を適用しようにも海外の会社を裁くことはできませんし、同時に必要的共犯も成り立たないのでプレイヤーも罪にはなりません。

 

一番分かりやすいのは、例えばラスベガスで賭博をした日本人は帰国後捕まりますでしょうか?

胴元もプレイヤーも海外にいますから捕まらないですし、もしも逮捕されれば日本の警察は国際的に非難を浴びることになるでしょう(笑)

仮にラスベガスのカジノが日本のどこかに支店を持っていてコソっと営業をしていれば、必要的共犯が成り立つので胴元もプレイヤーも逮捕できます。

 

オンラインカジノも同じで、現行の賭博法では裁けないのが現状なんです。

 

スマートライブカジノで逮捕者が出た件は例外

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

2016年にスマートライブカジノをプレイしていた日本人3名が京都府警に逮捕されました。

この一件でオンラインカジノ=違法という妙なイメージが広がりましたが、それは大きな勘違いです。

逆にスマートライブの逮捕劇で、余計に現在の賭博法ではオンラインカジノを裁けないことを露呈してしまったんです。

 

捕まった3人の内2人は罪を認めて略式起訴となりました。

ところが残りの1名が裁判で争う姿勢を見せると、不起訴処分になったんです。

警察や検察も今の賭博法では裁判での勝利は難しいと分かっていたことを意味します。

 

略式起訴になった2名も裁判まで持ち越せば不起訴になっていたでしょう。

ですが取り調べのプレッシャーで罪を認めてしまったんでしょうね…

 

そもそもスマートライブは日本人向けに作られたオンカジだった

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

では裁判で勝てないと分かっていて、どうして京都府警は逮捕したのでしょうか?

それはスマートライブカジノが外国で作られた「日本人向けの」オンラインカジノだったからです。

 

日本人向けの根拠は

  • 日本人ディーラーが日本語で応対していた
  • 営業時間が日本時間で夕方から深夜にかけてだった
  • サイトが日本語対応をしていた

という3点からですが、つまり当時運営会社はイギリスにありましたが、日本市場を完全にターゲットにされたオンラインカジノだったんです。

 

もしもこのようなオンラインカジノを野放しにすると…海外で会社を作ればやり放題になりますよね。

このような状況を看過できなかった京都府警は、スマートライブカジノのプレイヤーを逮捕し有罪にすることでスマートライブカジノのようなビジネスを潰しにかかったのでした。

でも結局必要的共犯は成立せず一名が不起訴になり、賭博法の弱みを露呈する結果になってしまいましたけどね…

 

bitcasinoは日本人むけではない

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

bitcasinoは日本人向けでしょうか?

正解はNOです。

だって日本人ディーラーなんて見たことがないですし、営業時間も24時間ですよね?

サイトは日本語対応していますが、公式サイトの言語選択ではこれだけの言語に対応しています↓

オンラインカジノ(ビットカジノ)違法性

明らかに「日本人向け」とは言い難い作りをしています。

そのため京都府警などから目をつけられることもなく、逮捕などに繋がる可能性は極めて低いでしょう。

もちろん自己責任でのプレイになりますけどね(^^;)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビットカジノをはじめとするオンラインカジノが現在の賭博法では裁けないことが伝わったと思います。

また例のスマートライブカジノは異質で、現在日本でプレイできるオンラインカジノとは違うことをご説明しました。

賭博法が改訂されれば違法になってしまうかもしれないので、遊ぶなら「今」ですよ!(笑)

コメント